第1位 テクノスジャパン 「ベッドコール・ケーブルタイプ BC-2」

ベッドコール セット実物.jpg

  ベッドコール・ケーブルタイプ BC-2 セット

 

 

ベッドコール ベッド設置例.jpg

 

 

 

この製品を初めて紹介してもらった時は、衝撃を受けました!

おそらく、離床センサーをよく知っている人ほど、その衝撃は大きいかと思います。




なぜなら、

ベッドコール 新旧比較.jpg


従来のテクノスジャパンのベッドセンサーに限らず他のメーカーでも、ベッドのマットレスの上や下にセンサーパッドを敷くケーブルタイプですと、上のイラストセット図の左の“センサーアダプタ”のように、ベッドセンサーとナースコールシステムに連動させる“中継ボックス”の間に変換器的な機器を挟む必要がありました。

 

“センサーアダプタ”のような変換器がなければ、センサーパッドに加重されるとナースコールしてしまいます。

 

つまり、

ベッド横の床に敷くタイプ、踏むことでナースコールされるマットセンサータイプと同じになってしまいます。

 

 

 

“センサーアダプタ”のような機器を挿むことで、ベッドセンサーに加重がかかることで待機状態となり、その後加重が無くなることで信号を出してナースコールされる訳です。

 

ですので、ベッドセンサータイプの離床センサーを構成する上で欠かせない機器なんです。

 

 

 

ベッドコール 使いやすさ1.jpg

ところが、

 

新製品となった「ベッドコール・ケーブルタイプ BC-2」では、センサーアダプタが無くなったので、僕は後頭部を殴られたの如く大きな衝撃を受けたのです。


セットの構成機器が多いほど、故障リスクが高くなりがちです。

 

ですので、新しいベッドコールのように構成機器が少なくなるのは、あなたにとって修理に出すことが減り、設置しているベッドから離床センサーがない期間を減らすことができます。

 

 

 

センサーアダプタ的機能の変換器はどうなったかと言いますと、

 

ベッドセンサーの端っこに袋があり、そこにとっても小さくなったセンサーアダプタ的機能を果たす機器が内蔵になったのです!

 

s変換器 袋挿入HTB1-10BD_5.jpg

 

 

 

 

もちろん、

動作遅延機能.jpg

寝返り等で一旦起き上がってベッドセンサーに加重されなくなっても、設定した秒数以内に再度加重されるとナースコールされない、“動作遅延機能”が従来品同様に付いています。


s変換器 動作遅延設定HTB1-10BD_6.jpg




僕が変換器が無くなった以上に衝撃を受けたのが、価格!!

 

従来品はセット価格で税別 68,000円でした。

 

ところが、新しいベッドコール・ケーブルタイプ BC-2は、50,000円(税別)と、大幅に安くなったんです。

 

50,000円ということは、テクノスジャパンのマットセンサータイプの「徘徊コールV HC-3」と同価格。

 

ですので、対象の方に合わせてマットセンサータイプかベッドセンサータイプを選びやすくなりました。

 

 

 

「離床センサー」のお問合せはこちら!


「離床センサー」の資料請求はこちら!