初期動作で検知したい場合

お部屋の出入口にマットセンサータイプの離床センサー、あるいは赤外線センサータイプ。

 
しかも、コードレスタイプを設置するのがベストだと思います。

 

P35.jpg
 
まず、マットセンサータイプですと、対象者がお部屋を出ようとして、出入口に敷かれた離床センサーを踏みます。


「コードレス式」とは、センサーが反応した際に、センサーマットや赤外線センサーなどに内蔵されている無線送信機より、ベッドサイドの壁にあるナースコール子機を差し込むコンセントに設置した、「無線中継ボックス (無線受信機一体型 ナースコール接続ボックス)」に信号を送って、その後は既存のナースコールシステムを通じて、職員にお知らせします。

 
『離床センサー 既存のナースコールシステムを活用した「コードレスタイプ」とは?』のページに、詳しく掲載しておりますので、ご覧ください。
 
離床センサーの「コードレスタイプ」を詳しく知りたいあなたは、こちら!
 
対象の方によっては、ベッドでは転落や転倒のおそれがあって、床に畳を敷いて、布団で寝ていらっしゃる場合がありますよね!


そのような場合でも、布団のそばで部屋の出入口側にセンサーマットを敷いたり、出入口に敷いて運用します。


そうしますと、這って部屋から出ようとされて、手でセンサーマットを押してもナースコールされます。
 
ただ、誰が踏んでも鳴りますし、お部屋に戻ってくる時に踏んでも鳴ってしまいます。
 
 

 
次に、赤外線センサータイプの離床センサーを活用するという選択肢もあります。

 
部屋の出入口付近に設置して、対象の方が部屋を出ようと赤外線センサーから出ている見えない光を遮るとナースコールにてお知らせします。

 
私のお薦めは、コードレス式であるテクノスジャパン 「超音波・赤外線コール」!
 

「離床センサー 当社のお薦めベスト3」にて詳しく話しておりますので、ご覧ください。
 
「超音波・赤外線コール」を詳しく知りたいあなたは、こちら!  
 
赤外線センサータイプがいい点はなんと言っても、センサーマットと違って、汚れにくくて衛生的なところ。

 
また、薄いセンサーマットでも、つまづく危険性がある方には、とても有効です。

 

但し、先にご紹介しましたマットセンサータイプ同様、どなたがセンサーの前を通っても反応します。
 



徘徊検知センサーのお問合せは、こちら!


徘徊検知センサーの資料請求は、こちら!