第1位 ネオファーム 「不要コール防止機能付き 離床センサー」(ケーブルタイプ)

あなたは離床センサーの「不要コール防止機能」、って聞いたことありますか?


一番売れているケーブルタイプでマットセンサーの離床センサーのほとんどが、誰が踏んでも反応して、ナースコールシステムを通じて報知します。


ですので、


・使用していない時


あるいは


・対象となる方以外の看護師・介護スタッフ・ご家族などがベッドに近づいた際に、例えばマットセンサーのように踏んだりして不要なコールを防ぐために


大抵ON/OFFスイッチが備わっています。


あなたの施設や病院でお使いの離床センサーにも、ON/OFFスイッチがありませんか?


せっかく導入したのに、そのスイッチがベッドからの転倒・転落事故を招いてしまう原因となることがあるのです!
 
 
 

「不要コール防止機能」とは何ぞやをご理解頂くのに、まずは動画での説明をご覧下さい。

 
メーカーであるネオファームさんのご厚意で、掲載いたしました。

 

 

 
スマホ・携帯の方は、こちらからご覧ください。

 
 


次に、下記アイコンよりPDF資料をダウンロードしてご覧下さい。
 
内容は、

 
・「不要コール防止機能」が開発された背景


・通常のケーブルタイプ 離床センサーと、「不要コール防止機能」付きとの構成機器の違い


・マットセンサータイプ、ベッドセンサータイプなどで、「不要コール防止機能」を理解・活用するためのフロー図


現在ネオファーム以外の、ケーブルタイプのマットセンサー、ベッドセンサーをご使用中のあなたへ!

「不要コール防止機能」を付加させる方法(ケーブルタイプのみ)
 
となっています。
 
PDFをダウンロードする場合、右のPDFアイコンをクリックして下さい。 

 
 


ここまで、動画と資料をご覧頂き、かなり理解できたのではないでしょうか。


お知らせですが、2017年8月10日付で、特許申請されていた「不要コール防止機能」が登録されました!
 
ですから、この機能はネオファームだけ。
 
 


最後は、私なりにもう少し掘り下げてあなたにお話します。


離床センサーをお使いのあなたは、過去にベッドに近づこうとして横の床に敷いたマットセンサーのスイッチをOFFにして、再び離れる際に急いでいたりしてONにし忘れたために、後で通りかかった際に対象の方がベッドの側で転倒されているのを発見したり、報告を受けたことはないですか?

 
特に一般的に導入台数が多い、ケーブルタイプのベッド横の床に敷くマットセンサータイプで。

 
ベッドセンサーなど、他のセンサータイプでも同様のことを経験されたかも知れません。
 

あなたの施設や病院だけで起きていることではないんです!
 
私も時折耳にいたします。
 


これは明らかに人為的ミス。

 
防止策を講ずる必要がありますよね?!

 
しかも、講ずるといっても、看護師や介護スタッフの負担になってはいけないと思います。


「不要コール防止機能」付き離床センサーを導入されていない高齢者施設や病院で従事されているあなたは、こういうことが現場で起こり得ることを、頭に入れておいて下さい。



離床センサー コードレスタイプ(※)では一般的になってきている「一時停止ボタン」機能(※)。

 
ケーブルタイプではON/OFFのスイッチはあれど、備わっている機種がほとんど見当たりません。
 
ですので、「一時停止機能」が備わっていない離床センサーは、ベッドで対象の方におむつ交換や体位変換などをして差し上げる際にスイッチをOFFにして、離れる際にはONにしなければなりません。
 
そのONにし忘れることで、ベッド周りでの転倒・転落のヒヤリハットや事故が起こるのです。

 
※今触れました、「離床センサーのコードレスタイプ」や「一時停止機能」について、ご存じない方は先にこちらをご覧ください!(「一時停止機能」につきましては、ページ中ほどに掲載しています)

 
 
 
「一時停止機能」を備わっていても、3分や5分の時間固定です。

 
予めメーカーで設定されている時間を超えると、自動復旧します。


1分でベッドから離れる場合、残り時間が2分や4分ですと、その間に対象の方がベッドから離れようとされるリスクが大きいです。


その場合はナースコール接続ボックスのスイッチを一度OFFした後ONにして、「一時停止機能」を解除して通常動作に復帰させる必要があります。


ですので、短い時間で離れる場合は「一時停止機能」が備わっていても、あまり意味をなさないんですよね。

 

 
マットセンサーの場合でしたら、設定時間を超えて乗ったままだとナースコールされてしまいます。


防ぐには、設定された時間内にもう一度「一時停止ボタン」を押さなければなりません。

 

それで、その時点からタイマーが設定時間分延長されます。

 


一緒に復習しますと、

 
ネオファームの「不要コール防止機能」は、一時停止を時間制限なしで行なえます。

 
機能が有効時に15秒間離床センサーから離れたら自動解除されますので、スイッチをON/OFFする動作が省けます。


一度離床センサーから離れても、15秒以内に戻ったら機能が保持されます。

 
もし、「不要コール防止機能」を有効にすべく、「セーフモニタ」にある、コールを中断させる「リセットボタン」を押してすぐに、ベッドを離れる必要が出た場合でも大丈夫!

 
リセットボタンを押した後、マットセンサーでしたら5秒以内に踏まなければ、「不要コールモード」が解除され通常に戻ります。

 
 
 
「不要コール防止機能」では、そもそも設定時間が無く制限無しですから、時間延長するべく再度「一時停止ボタン」を押さなくて済みます


ある高齢者施設の方が、「マットセンサーから離れて15秒での自動復旧もリスクがある」と、おっしゃったそうです。


そこで、最近「不要コールモード」時に「セーフモニタ」のリセットボタンをもう一度押すと、機能を強制終了させることも可能になりました。


これで、発生しかねない人為的ミスをさらに防げますよね?!




離床センサーを導入されていない病院・施設のあなたでしたら、マットセンサーなどを含めたケーブルタイプ、あるいはコードレスタイプのセットでのご購入。


ちなみに、


ケーブルタイプのマットセンサー(センサーサイズ:縦60×横120cm)セットで、税別定価:93,500円。
 
ケーブルタイプのベッドセンサー(センサーSサイズ:縦25×横76cm)セットで、税別定価:55,500円。
 
 


また、「現在ネオファーム以外のメーカーのを使っているけど、是非とも不要コール防止機能が欲しい。


でも、マットセンサーやベッドセンサーは故障もなく、まだまだ使えるのに、セット購入になるならば稟議書が通らないよ!」


と、危惧されたあなた!


安心してください。
 
既にケーブルタイプの離床センサーを導入されているあなたは、お使いのマットセンサーやベッドセンサーはそのまま継続利用して、他の構成機器を購入されることで「不要コール防止機能」が付加できます。


それでしたら、センサー費用分の導入コストが下がりますよ!(上記 PDF資料の5ページをご覧ください)


このケースでは、「不要コール防止機能」を備えたセーフモニタ・ナースコールアダプタなどのセットである、セーフモニタEXRセット (BMS-03(V2J)S) :税別定価 41,500円と、インターフェイスケーブル(数千円 ※マットセンサー・ベッドセンサーから出ているコードの先端にある端子形状により価格が多少異なります)を追加します。

 
 
 
テストご利用時、お見積りのご依頼、ご購入の際に、一つお願いがございます。


ネオファームのナースコールアダプタ(離床センサーを既存のナースコールシステムに接続するボックス)参照表を下記にてダウンロードしてご覧下さい。
 
そして、病室・居室のベッド周辺にありますナースコールコンセントに差し込まれている子機を外して下さい。
 
子機自体と、そのコンセント形状を確認して下さい。
 
参照表の適応アダプタ番号を教えて頂いておりますと、スムーズに事が運びますので、お手数ですが宜しくお願いいたします。
 

PDFをダウンロードする場合、右のPDFアイコンをクリックして下さい。 



 
「離床センサー」のお問合せはこちら!


「離床センサー」の資料請求はこちら!

 
 

第2位 テクノスジャパン 「超音波・赤外線コール」

2008年11月発売以来、改良を重ねられていたテクノスジャパンの「赤外線コール」。
 
2015年10月にリニューアルして、後継機種である「超音波・赤外線コール」になりました。

 
一番の変更点は、物体を検知する「赤外線反射センサー」が、動体を検知する「超音波センサー」に!
 
赤外線反射センサーは、太陽光・蛍光灯などの外光の影響を受けやすいんです。
 
赤外線の発光の向きを窓の方に向けて設置すると、誤報知を起こすことがあります。
 
ですので、赤外線反射タイプの離床センサーを設置する際は、窓に向けないよう設置する必要があります。
 
今回、超音波センサーに替わることで、外光の影響を受けにくくなり、光による誤報知が少なくなるため、設置や使い方のバリエーションが増えます。


 

リーフ超音波赤外線イラスト.jpg
コードレス 超音波・赤外線センサー UIS200 (無線送信器内蔵) イラスト 

 
 


運用の流れは、
 
@対象の方が「コードレス 超音波・赤外線センサー」から発する、「赤外線モーションセンサー」人の動きなど温度変化を検知、かつ「超音波センサー」で動体を検知。
 
A「コードレス 超音波・赤外線センサー」に内蔵の無線送信器より、壁面に設置されたナースコールコンセントに差し込んだ、「無線中継ボックス」に内蔵した受信器へ信号が送られます。
 
B既存のナースコールシステムを活用して、ステーションの親機やPHSにて、通常のナースコールと同様にスタッフにお知らせします。
 
  

 
赤外線タイプの離床センサの特長などにつきましては、「離床センサの種類」の「5.赤外線タイプ」の部分でもお話しておりますので、詳しくはそちらを併せてご覧下さい。


ポイントを2点だけ言いますと、


・床に敷くマットセンサタイプ、ベッドのマットレスの端に敷くベッドサイドセンサタイプ、ベッドセンサタイプまでの対象者を、1台でカバーできる。

 
じょくそう対策で低反発やエアータイプなどのマットレスを設置されても、検知に影響がない。

 

マットレスの上や下に敷くベッドセンサタイプですと、うまく検知できなかったりするんです。
 
 

 


コードレス 超音波・赤外線センサーの特長を、6つお話します。


1番の特長、それは・・・
 
電源は9Vのアルカリ電池、あるいは付属のACアダプタを使用してコンセントから取れること。
 

電池だけでの運用ができたら、設置した場所の近くにコンセントが無い場合に便利ですよね!

 
しかし、電池の寿命が終わっているのに気付かず、いざという時にセンサーが反応しなかったら、何のために導入したのか・・・って、なりますよね?!
 

「超音波・赤外線センサー」は、
 
電池の交換時期を、送信するセンサー側では「電池消耗表示ランプ」、電波を受信する無線中継ボックス側でも「赤ランプが点滅し、アラーム音が鳴って」、知らせてくれるので安心!


ただ、電池で動作させた場合、電池寿命が気になりませんか? 

 
使用頻度に依りますが、約3ヵ月

 


特長2
赤外線センサー 検知距離

 

設置する場所によって、検知距離が長いと隣のベッドの方の動きで検知してしまうとか、他のベッドに行くつもりで歩いているのにセンサーが反応してしまうことがあり得ます。
 
・ベッドから立ち上がる、柵を設置していない部分だけ検知したい!


・起き上がりを検知したいので、ベッドの横幅の距離だけにしたい!
 
、などの場合に、側面にある「検知距離設定スイッチ」で調整すると、誤報を少なくできます。



 
特長3
P5-IBH光見えます.jpg
この特長は、取付具で設置する際に大まかにした後、検知エリアを微調整する時にとっても便利なんです!


超音波・赤外線センサーの光線は見えません。
 
他の赤外線センサーも同様です。

 
上の製品イラストの真ん中に、「赤色ビームLED(点滅)」があります。
 

センサーの側面にある「テスト用ボタン」を押しますと、約30秒間赤色ビームが点滅します。
 
ビームしている方向に白い紙やウエアを着たスタッフで遮りますと赤い点が写り、センサーからブザーも鳴ります。


ナースコールに接続できるようにしておいても、テストボタンがONの時は赤色ビームを遮っても、ナースコールされません。


この状態の時に、左右上下の角度を微調整すれば良いのです。


特に、センサーの検知距離を長くした場合は、狙った検知エリアが思っているよりズレていることがありますので、きちんと設定できて便利です。
 
 
 

特長4
 
裏に「検知時間設定スイッチ」があります。
 
0.5、1、2秒の3段階ありますので、対象の方や使い方に応じて設定。
 
設定した秒数以上センサーからの光を遮ったら、報知信号を出します。
 
ですので、一瞬手を挙げたとかで遮っても、設定秒数以内であれば報知しません。
 
この機能があることで、誤報知が減らせます。
 
 
 
特長5
 

無線中継ボックス(HCB-RT).jpg
 無線中継ボックス HCB-RT

 
 
「無線中継ボックス」は、赤外線センサーからの報知信号を受信する「無線受信器」の役割と、既存のナースコールシステムに接続する役割を担っています。

 

一体型ですので、スッキリ!
 
また、上の写真では分かりずらいのですが、真ん中に「一時停止ボタン」があるんです。
 
例えば、ベッドから脚を下ろす際に報知させるように設置している場合、職員がおむつ交換などをする際にセンサーからの光を遮ってしまい、ナースコールしてしまいます。
 
かといって、一旦電源を切って、ベッドから離れる際に電源を入れるのでは入れ忘れてしまうことがあります。
 
もちろん、肝心な時にセンサーが働きません。
 
そこで、この「一時停止ボタン」の機能が活躍してくれるのです。
 
対象の方のベッドでおむつ交換などを行う際にボタンを押すことで、そこから約5分間センサーからの光を遮っていても、無線中継ボックスまでは検知信号が送られますが、そこから既存のナースコールシステムには送らないんです。
 
それで約5分が経過すると、自動的にセンサーの光を遮った際にはナースコールされるよう復旧します。
 
電源ONをし忘れなくて済みます。
 
また、5分以上滞在しそうな場合は、「一時停止ボタン」を押して5分以内に再度押しますと、そこからまた約5分間ナースコールに報知しません。
 
 
 
特長6

 
「コードレス 超音波・赤外線センサー」の固定具は、標準添付「自在クランプ」と「マグタッチ」の2種類と、オプションである「固定スタンド」1種類の合計3種類からお選び頂いて設置できます。

 
@標準添付 自在クランプ 

赤外線センサー 自在クランプ1
固定具 「自在クランプ」

 
P5-1.jpg
 

IMG_5360フットボード.jpg
 固定具 「自在クランプ」 ベッドのフットボードへの設置例 

 
 

IMG_5381クランプベッド下.jpg
 固定具 「自在クランプ」  ベッド下フレームへの設置例 (ベッドから降りるのを検知)


IMG_5382クランプ手すり.jpg

 固定具 「自在クランプ」  手すりへの設置例 (お部屋から出られるのを検知)

 



A標準添付 マグタッチ

マグタッチ.jpg


強力なマグネットで金属面に取付できます。
 
P5-2.jpg
 
マグタッチベッド下イラスト付.jpg
              マグタッチでのベッド下への設置例




Bオプション 固定スタンド 

赤外線センサー 固定スタンド1
                オプション 「固定スタンド」

 
自在クランプやマグタッチでは取付しにくい場合には、オプションの「固定スタンド」での設置ができます。
 

IMG_5384固定スタンド.jpg
「固定スタンド」 ベッド下への設置例 (ベッドから降りるのを検知)


「固定スタンド」はベッド下に置かれるケースが多いです。

 
なぜなら、ベッド下に置くことで対象の方から見えなくなります。

 

それによって、「コードレス 超音波・赤外線センサー」に車椅子などが当たることが無くなりますし、ベッドサイドの床に敷くマットタイプの離床センサーでは気付かれ、ベッドから下りる際には避けてしまう方に活用できます。
 
しかも、ベッドから脚を下した際にセンサーが反応しますので、より早く駆け付けることができます。 

 
 
 
P5-3.jpg

 
上のイラストのように、お部屋の出入口付近に設置して、対象となる方が出られるのを検知。

 
また、ベッド横の床頭台に乗せ、横方向に赤外線が発光するように向けて起き上がりを検知するという具合に設置されているケースもあります。 


超音波・赤外線センサーを完全なコードレス式にできるメリットは、シーツ交換などベッドを移動する際のケーブルへの気遣いが軽減されるのは勿論のこと、徘徊や感染症の方が居室から出られるのを感知するため、出入口に設置する際に特に有効なんです。 


ケーブル式でしたら、標準の長さよりも長くしなければならなかったり、コードを壁に沿わしたりして、利用者や患者が引っ掛けないようにする必要があります。

 
それが「超音波・赤外線コール」でしたら、無線の距離が10mほどまでOKですので、センサ部分を設置したらおしまい!

 
以前、納品させて頂いたユニット型の特養では、対象の方はベッドではなくて布団で寝ていらっしゃいました。

 
その方が這って居室内のトイレに行って、立ち上がる時に転倒してしまうことがあるとのこと。
 
トイレに行こうとされるのがわかれば介助できますので、布団からトイレの途中に設置することで、這っててもセンサーがキャッチしています。
 
テストご利用でうまく作動しましたので、導入に至りました。
 
 
 

また、居室の中にあるトイレの手すりに設置することによって、トイレに入るとナースコールさせることもできます。
 
職員が駆けつけることで、用をたした後の立ち上がり時に起こりやすい転倒事故を防げますよね。


価格は、税別定価 98,000円

 
 


「超音波・赤外線コール」は既存のナースコールシステムを活用しますが、無線で携帯型や据置型の受信器で受信する機種もラインナップされていますので、そちらをご検討の際も是非お問合せ下さい。 

  

 
 

「離床センサー」のお問合せはこちら!


「離床センサー」の資料請求はこちら!

 

第3位 ベッドセンサータイプ「あんしん長持ち離床センサー 瞬速」 バイオシルバー 

ベッドセンサータイプの離床センサーって、出始めにあった「誤報をよく起こす!」というイメージが、高齢者施設や病院の現場では今も少し残っているのではないでしょうか。

 

確かに出始めの頃は、


・寝返りを打っただけなのに、ナースコールが鳴った

・ナースコールが鳴ったから、対象の方が起き上がったのかなとベッドに向かったら、起き上がっておらず寝ていた

など、ベッドセンサータイプをご利用されていた方・今もご利用されている方は、こういった覚えはないでしょうか?

 

このような不要なコールを減らすべく、近年では「遅延(タイマー)機能」という、ベッドセンサーパッドに体重をかけた(寝た)後、寝返りや起き上がりで体がパッドから離れても、設定秒数以内に再度加重されればナースコールされない機能が付いている機種が当たり前となっています。



一般的な離床センサーのセンサーパッドの構造は、2枚の電極シートの間にいくつもの丸い穴があいたスポンジシートを挟んだものなんです。


体重をかけると、スポンジシートの穴が開いた部分だけ2枚の電極シートがくっつき、1回ナースコールを押したのと同じようになるのです。

床に敷くマットセンサータイプは踏んだ時だけセンサーが働きますので、センサーの働く時間が短いです。


なので、センサーパッドの持ちがいいのです。



ところが、ベッドセンサータイプのは、対象の方が寝ている状態も電極シートがくっついた状態でセンサーが働いており、起き上がることで電極シートが離れ、ナースコールされる仕組みになっています。


ですので、どうしても電極シートのくっついている時間が長くなってしまい、ベッドセンサータイプのパッドの持ちは長くないのです。


基本的に、センサーパッドは消耗品と思っていて下さい!


きちんと統計を取ったわけでないので感覚的なのですが、ベッドセンサータイプのパッドの持ちは短かければ1〜2年、長くて3〜4年といったところでしょうか。


離床センサーのメーカーや使い方によって寿命が違いますので、機種選定をされる際には考慮したい点です。



あんしん長持ち離床センサー「瞬速」設置例

             「あんしん長持ち離床センサー 瞬速」の設置例



ついに、これまでのベッドセンサータイプのイメージや構造を一新する機種が出たんです!


その名は、「あんしん長持ち離床センサー 瞬速」


従来のものとの違いは大きく2つあります。



1つ目は、センサーパッドに電極シートが入っていないこと。


従来の離床センサーは「重さ」、加重の有無を検知します。


一般的なセンサーパッドでは電極シートが入っている箇所で強く折り曲げたり、何度も同じ箇所で折り曲げていると、次第に型が付いてしまったり、シワができたりして正常に動作しなくなってしまうのです。

 

また、2枚の電極シートの間に挟まっている緩衝材(スポンジシート)が使っていく内に、ヘタッてきたりして正常に作動しなくなることもあります。

 

そうなったら、修理が効かずセンサーパッドを新品交換するしかないのです。




それに対して、「あんしん長持ち離床センサー 瞬速」は、何が入っているのかと言えば、“空気”なのです。


心拍・呼吸などの「生体信号」の有無を検知、つまり生体からの振動をセンサーパッドが感じ取ることでの空気の動きを観ているのです。


「瞬速」のセンサーマットには電極シートは入っていませんので、長持ちします。


ということは、ランニングコストの軽減が図れます。



2つ目は、ベッドセンサーと人感センサーのダブルセンサーであること。

 

shunsoku.jpg


赤外線センサー(光を遮るとセンサーが反応)と人感センサー(検知エリアの温度変化を検知)のダブルセンサーはあるのですが、この組み合わせは初めて!


高性能が故なのですが、「瞬速」のセンサーマットだけでは、起き上がりでの検知が難しいのです。


心拍・呼吸などの“生体信号”、つまりセンサーマット上あるいはその周りの微細な動きに、センサーマット内の空気にも動きが生じます。

 

ベッドから離れることで生体信号が無くなり、“離床”状態と判断して報知するのです。

 

 

あんしん長持ち離床センサー「瞬速」人感センサー

           「あんしん長持ち離床センサー 瞬速」の人感センサー



当初は人感センサーが無いセンサーマットだけの仕様だったのですが、今回ダブルセンサーにすることで起き上がって人感センサーを遮るとコールしますので、本来のベッドセンサーの使い方ができるようになったのです。




普通、ベッドに対象の方が寝ている場合、職員がおむつ交換などでベッド周りに設置した人感センサーを遮ると、反応してナースコールされます。


しかし、「瞬速」はベッドで寝ている時は心拍・呼吸等の生体信号をキャッチしていますから、その状態で人が人感センサーを遮っていても、対象の方は横になっていると判断してナースコールしないんです。

 

 


例え、人感センサーをくぐり抜ける、あるいは人などが当たって方向違いになってしまっていても、ベッドからのズリ落ちを検知できるんです。


これはセンサーマットの、「心拍など体動が無くなると3秒で報知する」という機能が残っているから。

 



人感センサーは両面テープで壁に設置するか、オプションで“クリップ”がラインナップされていますので、購入されることでベッドのヘッドボードなどに設置できます。

 

メーカーであるバイオシルバーさんにお聞きしたら、脚を下ろしたら検知できる位置に設置されているケースが多いとのことです。



ご注意頂きたいことが1点あります。


ベッドそばにあるナースコールのコンセントから子機を抜いた断面の形状によって、オプションとなりますナースコール接続ボックスの価格が多少異なります。


ですので、デモ器やお見積りのご依頼の際にはご確認の上、ご連絡下さい。

 

ナースコール連動タイプ参照図



従来のベッドセンサータイプの離床センサーでは満足できなかったあなたに、ぜひお使い頂きたいです!

 

ナースコール接続タイプ   定価:98,000円(税別)

※ナースコール接続の分配機及び接続ケーブルはオプション

 

メロディーお知らせタイプ  定価:128,000円(税別)

※ナースコールに接続しないで、専用受信機に無線で送信。無線到達距離:見通し100m

 

 


「あんしん長持ち離床センサー 瞬速」のお問合せはこちら!

 

「あんしん長持ち離床センサー 瞬速」の資料請求はこちら!